だいたいうろ覚え

物忘れが激しくなってきたので備忘録

STAR CARNIVAL〜星祭〜 感想

少年Komplexのスタカニみてきました!この半年で仙川に行くのにも大分なれてきました。

さていつものショーコンとは一味違うぞという前評判の今作。いろいろと感想はあるんですが…とにかく「塩澤さん(ペテル)が良すぎる」がしょっぱなから頭のなかを占めました。これ!こういう塩澤さんが私は見たかった!!!ペアである山中さんのリゲルもすごくよかったし気づいたら終演後ブロマイドを買っていた。この2人はもっと狂っててもいいくらい好き。あとはもう栗山さん(ミルザム)大優勝。いつも可愛い役多かったからかっこいい役見れてうれしい…!殺陣シーンで横蹴りしてるのかっこよかった。トレミー体操でニッってしてるミルザム好き。(シリウスとのラストはもう少しボカしてほしかった派…)(シリウス急におやじ臭いこといってなかった?)今回殺陣が全部めちゃくちゃかっこよくて、アルタとか手足長いから難しそうなのにかっこいい!ロキオンがトレミーを武器で威嚇するのもそれぽくて好きだったなあ。

中身の感想。。”終わり”が差し迫り、混沌と化した世界で生きる人々のお話。「責任」と「償い」がキーワードだった気がする。戦争で人を殺した責任はどう償うべきなのか、人類が好き勝手やった結果の”終わり”は責任をとって受け入れるべきなのか。序盤、コトは責任をとるべき(=自分たちだけで逃げられない)と言うし、なんならペテルも責任をとって滅亡を受け入れるのだと説く。そこへテラとスワンの存在がコトを動かし一家はタイムワープ装置を使うことを決めるのだけど……。すべて受け入れるのが償いのすべてではなく、次世代につなげていくという償い方法もあるんだよという感じなのかな。最後の最後、お父さんが「どうして娘が死ななければいけないんだ」と泣くのが本当につらかった。コトが責任をとって滅びゆく星に残らないといけないのなら、お父さんを悲しませてしまう責任はだれのものなのだろう。序盤から結構スワンに感情移入してしまって、拾われて家族みたいにしてくれたのに途中でコトアルタテラのなかには入れないんだっていう線引きがはっきり見えてしまって悲しかった。それなのに俺も連れて行ってと言わないスワンはすごい。結果として夫婦二人の信頼を一手に背負うのも彼なんだけど、なんかめちゃくちゃ振り回されてない!!!?スワンくん幸せになってほしい…

バックに映してる映像はリアルぽいのとイラストぽいのが混在してるから世界感がどっちかわからなくて少し混乱したかも。ショーコンの前回作もみてるから、「また川井さんと翔音さん喧嘩してる…!」とか「URIとタイドリの主人公が石川さんを取り合う構図だ!」とか変なとこでも楽しんでいました。そして高畑さんおかえりなさい!

確かにいつものショーコンとは少し違うけど、根っこはわりと共通している感じもあっていつも通り楽しみました。次回作も楽しみにしてます!

片山さんへ、台本売ってほしいです。電子でもいいです。

🐻🌳

コトの葉 感想(1/18・1/19)

ブランコが郷愁のメタファーとして通じるのはあと何年くらいなんだろう。

T-ganeステージを見るのは「消された声」に引き続き2作品目になります。澤邊さんを主演に構えた今作「コトの葉」はあたたかさとさみしさを内包しているような物語だった。

なんといってもOPの良さ。前作もそうだったけど、演出にとても気合の入りを感じる。OPは物語のダイジェスト版のような構成で、前夜祭で語られていた「こだわりのある舞台美術」が一番効果的に使われているのはOPではなかろうか。オトがカメラを構えると(物理的にも)世界には明るさが増し、彼にとって写真がどれほど大切なものなのかを体感することができる。本編にも共通して思ったことだが、この作品(団体?)のやりたいことのひとつに「観客と登場人物の感覚共有」みたいなものがあるのだろうか?本編では、オトが調子を崩し、病名を告知され、生きていくという主軸の時間軸から派生するような形で回想(便宜上こう表現する)が挟み込まれる。このような表現方法はヴァージニアウルフの「ダロウェイ夫人」を彷彿とさせる。つまり、時間のながれに沿って物語を進めるのではなく、意識のながれをたどっているような表現だと感じた。だからこそ、たとえばメイが写真をみてオトとのやりとりを思い出すのと同じ演出温度でエリは死んだはずのお父さんとオトの話をするし、オトはありもしない記憶に慟哭する。

この作品の主役はオト(とメイ)なのだが、オトの話とは別の物語が存在する。それがタイキを主人公とする物語だ。ハルカとアキオ先輩の話もオトと関係がないといえばないのだが、オトとタイキはまったく面識がなくタイキの話だけやや異質であると感じた。率直にいうとオトの話に少し物足りなさがあったので余計に助長なのではと初見では感じてしまった。だけど逆に言うと、タイキの存在はオトが特別でない(=主人公だから病気になったのではない)ことの表れなのかも、とも思う。この病気はだれにでも起こりうるものだから。だとすると、実はタイキ・小林サトシ・中村トモルのシーンは結構大事なのかもと少し思い直している。タイキの物語は舞台上で描かれない部分も多い。故にオトの物語と、私たち観客と地続きの世界をつなぐ役割もになっているのかもしれない。

オトの話が少し盛り足りなかった、と描いたわけだが「えっここで終わり!?」というのが正直な感想でもある。オトがあの病気であることは、まあだいたいの人はフライヤー時点で分かると思うし。メイにとってのオトは拠り所であるけど、オトからしたらメイは記憶の底にある思い出で、2人の再会するまでの物語はメイが主人公と言われたほうがしっくりくる。メイとケイの話もケイがあそこで引き下がってしまったんだとすれば少し拍子抜けする。そういうものなのかな……。メイにしてもオトにしてもあそこでハッピーエンドおしまいというわけではないと思っているので、彼らの人生をまるで写真のように切り取った作品だなとは思った。劇中歌のところも演出がすごく素敵だったんだけど、だからこそ「病気をおしゃれに描いただけだ」という評価は免れないのではないかな…。

とはいえ面白いシーンや好きなセリフもたくさんあって楽しかったです。次回観に行くのを楽しみにしています。

オデッサ 感想 1/10

初の芸術劇場!

オデッサを観てきました。

テーマは「言語」。言語って定義が広いけど、どういう感じなんだろう?と思って見に行ったらまさかの日本語、英語、鹿児島弁が入り乱れる作品で、通ったらバイリンガルになれるのかなあという感じだった。ギミックとしての「言語」だけではなく、終盤には帰属意識(排他的な)としても使われているのがよかった。内容はとにかく笑った!とある日本人バックパッカーに殺人の容疑がかかり、取り調べられるも彼は日本語がわからなかった。そのため青年が通訳に呼ばれ、取り調べを行うが…という内容。やけになり容疑を認めだす容疑者!焦る青年!日本語がわからない警部の三人のドタバタが面白く、柿澤さん演じる青年のおせっかいで間抜けなのに憎めないキャラクターや、宮澤さん演じる警部の生真面目さと乗せられやすいところが本当に魅力的。(三谷作品に出てくる、警部みたいな生真面目な役大好き)迫田さんの容疑者は詳しくはネタバレが過ぎるのでなんともいえないが…終盤はちゃんとゾワゾワしたし、本当に面白かった。後ろの席に座ってた見知らぬお兄さんが、終盤逐一「えっ」って声漏らしてて、めちゃくちゃ踊らされてるじゃんって和んでしまいました(笑)一番最後の、すげ~雑な絵が投影されるところ大好き(笑)

内容(台詞回し)もそうだけど、やっぱり演出が面白かったなあ。あの奥行きのある音響はこの劇場だからできるやつなのかな、それともなにか技術的な手法なのかな。スクリーンを使った大胆な演出は自由律俳句を彷彿とさせる。字幕ってこんなに種類あるんだ!と改めて感激させられるけど、目を瞑って観劇してみたくもある。「さあ皆さんも考えてみよう!(スクリーンに英語ズラ〜)」も面白かった。最後の英単語しりとりがものすごくおしゃれで、まあ「このためにあの会話あったの!?」感はあるんだけどそれを上回るきれいさだった。

三谷幸喜作品は映画はよく観てたけど、なかなか舞台を見る機会はなかったのでちょっと緊張してたのですが、無事に楽しめてよかったです。最後はスタンディングオベーション!二階席だったので立てませんでしたが、上からみてて壮観でした…!

9月には映画の新作もやるみたいだからたのしみだな~

舞台スターチス 感想

12/22(金)ソワレ(Wizard)の観劇。場所は六行館ホール。

観に行く前の事前知識は「メインビジュアルがすごくきれい」「なにかの続編?」くらいだったのですが、そのくらいの気持ちで観に行ってもめちゃくちゃ楽しかったし、すごく好きになる作品でした。

まずなんといっても衣装がかわいい!ビジュアルみたときもかわいいって思っていたのだけど、実物をみると写真の比ではない。全体的に茶・黒を基調とした落ち着いた色合いでかわいいし、半ズボンこんなにナチュラルに着こなせるのかって驚きありつつもかわいいし、かわいいしか言ってねえ。舞台装置はシンプルなほうなんだけど、それが衣装のシンプルかわいさを引き立てててすごく素敵でした。

ストーリーは、ひとことでいうと「やさしくない世界でのやさしいお話」かなあ。とにかく丁寧に作られた脚本だなという印象。魔法使いと人間が戦争している世界でのお話。登場人物たちには、そのかわいらしい見た目に反しナチュラルに偏見や差別が染みついている。一見すると、「偏見はびこる魔法世界でひとりの少年が人間を知り、平和を目指す話」というありきたりなもののように感じるかもしれない。しかし魔法使い・孤児院の子供たち以外の人物がいい塩梅のエッセンスとなり、この物語を輝かせている。

何と言っても、トト・キャンディ・ドロップの三人衆。人間魔法使いそしてハーフの泥棒(義賊)三人組なのだが、この三人は種族間で戦争中にもかかわらず手を取り合い生きている。そしてなにより三人は自分の種族を隠さない。おばか故というのもあるのかもしれないが彼らの存在が子供たちに理想像を描かせたといっても過言ではないだろう。泥棒、というマイナスな職業をしている彼らをポジティブな存在にしているのはなんといってもシュクルールの存在だ。彼女はお馬鹿な三人組を言葉巧み(?)にだまし、盗みを働くようにそそのかしている。彼女に言いくるめしまう三人はお馬鹿ながらも愛嬌たっぷりで、泥棒なのに憎めない、愛すべきキャラクターとして印象付けられている。三人をポジティブに捉えられているからこそ、子供たちや観客はこの三人の関係性に夢をみるのだ。(そしてそのシュクルールはジェンマによって手玉にとられてしまう。彼女もまた滑稽な愛すべきキャラクターとして昇華されている)

そしてシャルロットとアルバの存在もまた大事なピースのひとつだ。ギャグ要員かな?と一瞬思うものの、シャルロットが子供たちのなかで一番くもりない目で世界をみている。(戦争孤児であるほかの子供らと裕福な彼女の経済格差を思わせるのだが…)彼女がトトやキャンディに偏見のないまなざしを向けるからこそ、ほかの子供もそれに追随することができたのだろうと思った。あと単純にシャルロットとアルバのやりとりが面白い。赤カーペットはずるい。高速お嬢様お辞儀がだいすき。

ノエルとユーリの平和に向かう話とはべつに、エルムとホランドのサイドストーリー(というにはおもすぎる)もある。トトの「ハーフは身体が弱い」という発言を筆頭に丁寧な伏線が敷いてあるので、エルムの出自は早い段階で勘づく観客も多いことだろう。が!わかってても!しんどい!!だってホランドさんさあ、もっとはやく抱きしめてあげればよかったんだよ…

キャラクターの個性豊かさもめちゃくちゃ好きだった。マイヤーズ先生、絶対みんなの初恋だよ。マイヤーズ先生が旅立つユーリに外套を渡すところ、ノエルのお母さんがユーリにしたのと同じでなんかもう母の愛すごかった。ユーリにとっては魔法使いも人間も同じ愛を持っているんだというメッセージのように感じただろうな。わたしはバカな秀才が好きなのでローズすきでした。ルナが甘えてきたときの「えっいいのか!?」っていうローズが面白かったwマグノリアさんもかっこよすぎたし、あの髪の色の入り方すごいきれい!あとはもうなんといってもジェンマですよ!古畑さん何度かDVD(鬼斬とか)でみたことはあるんだけど、かわいいって印象が強かったから美魔女すぎてしびれました。手先の角度まで完璧すぎる…。すごくよかった。ノエル役の山根さんは最近しょっちゅう観るのですが、まっすぐな役がすごく似合いますよね。自分の真名を打ち明けるところがすごく好き。

観に行った回がたまたま円盤の収録日だったらしく。おまけのOPも見ることができました。ノーマルバージョンのOPEDも最高で大好きなんだけど、特別バージョンの差分が!もう!にくいことしますわ!これは毎回やってほしい。最後の最後にダメ押しで泣かせにきた!?ってもう心中パニックですよ。いやあいいものみたなあって感じでした。最後のOPで語彙力全部もっていかれてしまって、終演後「めっちゃよかったね!」しか言えないひとになりました。

 

なんかすごい長々とかいてしまった。

ライラックが24日まで公開されていたようなのだけど、土日がイベント続きで見れず…くやしい。ノベルゲーが出るみたい?なのでそちらはちゃんとチェックしようと思います。

MOMOJIRO 感想

12/14初日Aチームをまずは観劇してきました。場所は築地本願寺ブディストホール。この劇場に来るのは今年で二度目です。今回は迷わずいけました。

台本買おうと思ったら残り一冊で、次来た時に買おうって一旦後回しにしちゃったから感想のうろ覚え具合が増してますがご容赦ください…!

リーディカル、とあまり耳慣れない言葉がついている本作。どんな感じなんだろうとドキドキしながら開演を待ちました。しょっぱなからお幸さん、お晴さんに出迎えられ、ステージから話しかけられてる友達を横目にすでにもう面白い(笑)こういう距離感の作品を見ることがあまりないので、なんだか新鮮でした。「子供でも楽しめる」という触れ込みを信じて心を5歳児にして席についていたので余計にああいう観客参加型に笑っちゃいました(笑)

本編は、始まってすぐの桃次郎の歌声が素敵で一気に引き込まれる感じでした。歌もお上手だけど、表情にすごく惹かれる!お兄ちゃんとのやり取りの声が流れるところでの悲しそうな顔とか「えっそんな悲しそうな顔しないで…どうしたの??」と真剣におもっちゃいました(心が5歳児の感想)なんだか不穏そうな桃太郎と桃次郎、そして鬼たち、動物たち…と物語が進んでいくのですが、ちょこちょこ面白いこと言ってたのが楽しかったです。犬の加齢がほんとツボで、哀愁すら漂っている様が大うけでした。あと鬼たちの「名乗っちゃいな!」が好きで、なんだその軽い感じは!?w悪事を披露していく鬼たち、めちゃくちゃ悪でしたね。肌色の鬼とかもうすさまじい悪でした。そんな、オムライスにチャーハンって書くだなんて、そんなことしたらチャーハンだと思って食べたらオム…いや材料ほぼ一緒だから混ぜればチャーハンか…………。めちゃくちゃ悪ですね!!!あとはやっぱり鬼蔵の面白さはずるいよ…!でした。脚が長すぎる。お蜜さんも好きです。どのシーンがってわけじゃないんだけど…雰囲気が?なんかすごく癒されました(笑)おばあちゃん…!

桃太郎はなんだかやさしさ故にこじれてしまっていてさみしいのだけど、心が14歳くらいの私は共感できるところもあったりして。そんな彼をちゃんと見てくれている弟がいて、犬猿キジも、おじいちゃんおばあちゃんも、鬼だって彼を必要としてくれているのがなんだか嬉しかったな。「心が弱っているときは誰もが悪しき心をもってしまう」「だから支えあおう」みたいなことを桃次郎が言っていて、それがすごくいい言葉だなあと思いました。悪しき心を力技で退治するのではなくて、寄り添おう支えあおうってすごく素敵ですよね。心のなかに住み着いた鬼とも、仲良くできたらいいですね。

最後、村の人たちに鬼たちは受け入れてもらえるのかなって心配してたんですが、ちゃんと最後はハッピーエンドで嬉しかったです!よかったあ。

最後の最後まで冴木さんの歌声をたっぷり満喫できて大変満足でした。Twitterにもかいたけど、本当に桃次郎がかわいい!かっこいい!顔と歌はかっこいいのに、かわいい!!またすぐ次回観に行けるのを楽しみにしています。

 

物販やロビーにいらっしゃったBチームの方々、すごく明るい方が多くてなんだか本編じゃないところでも元気もらえました。Bチームを観るのは少し先になってしまうのですが、ガラッとちがうとかなんとか?聞いているのでそれも楽しみです。

村長 感想

場所は中野ザポケット。初日から観てるので、すぐに感想書こうと思ったんだけど……小ネタを追うのに必死でストーリー全体についてあんまり書けませんでした笑

ひとことで感想をまとめると「盛りすぎでしょ!w」に尽きますね。殺陣あり、ダンスあり、歌あり、早口言葉あり、白鳥あり。ありすぎです。多分真面目な演劇を見にきたひとがいたとしたら「それぞれの催し物はたのしいが、あまりにも必然性がない。演劇じゃなくて忘年会に招かれたのかと思った」とか言うんじゃないかな。でもね、あの前説ですよ。前説でライブ。必然性とか、そもそもないでしょう。だからこの作品にそういうこと言うのはナンセンスなんですよね。

ところどころでオトテンさんの前作「遺作」に通じるところがあって面白かったです。コウガさんのあの台詞、まるまる一緒だなとか。でも、遺作を知ってるから面白いと思う反面、知らなかった方が笑えたんじゃないかとも思いました。面白い、よりも同じだのほうが先に来てしまったので(笑)エンディングで踊ってたのは稽古順調だったんだな〜って安心しました(これは遺作を知ってるからこその面白さ)

 

何も知らない橘さんがずっと板の上に出ずっぱなしで、だからみんな「実は…」の部分を隠して演じてたという構図が面白かったし、奥様は作戦は知ってるけどド天然ゆえにかき回しちゃってる感じなのかしら。(EDでジャケットきて踊ってるのかっこよかった!)キャラ的に1番好きなのは藤原さんです。最後の最後でめちゃくちゃ好きって思いました。クレイジーです。舞台版サザエさんの主演が藤原紀香だから、藤原さんの下の名前も紀香だったりするんでしょうか??

前半のとっ散らかりを後半にぎゅっとまとめにかかる感じなのですが、終盤のEDに繋がるところも面白かったなあw歌詞がもうそのまま台詞になっちゃうのねw「明日は休みだ仕事もない。早起きなんかしなくていい」からの「朝4時集合」が好きです。早起きするんかい。

好きな台詞といえば、序盤の「この村の過疎化は深刻だ!村長が死んで若干すこし過疎化が進んだ」がめちゃくちゃ笑いました。それはそうなのよwこのくらいのブラックジョークに弱い。村長は死んでるよ!のやり取りのあたりで、風のSEが入るのもすき。いっちばん最初の時計のチクタク音もわかりやすく好き。あと本編関係ないけど、前説から本編始まる前のあのBGM超好き!!!

小ネタ書いていくとキリないのでアレですけど…羊がずっとチリンチリンうるさいのずっと好きだし、羊とJKが息ぴったりなとこ全部好きでした。

 

さて千秋楽いってきます!

リベンジライフ 感想

場所は中野のテアトルBONBON。何気に初めての劇場でした…!

「人生はすでに定められたシナリオに沿って歩んでいるだけではないのか?」という誰もが一度は考えたことがあるだろう、空想。実はそれが本当で、そしてそれを管理する人たちがいて、、というお話。遊び要素が多いのが魅力のひとつで、次の人生となる台本を選ぶ場面も面白い。しかしそこに影を落とすのは「改訂」という言葉で、主人公苅屋くんの人生にもその言葉が付き纏っていた。終盤、プロデューサーが苅屋くんに問う「幸せとはなんだ?」「長生きすれば幸せなのか?」という畳み掛けを自分ごととして受け止めた観客も多いだろう。たしかに長く生きた先に幸せしかないとは限らない。ならば「それでも俺は生きたかった」と思うことが幸せなのではないかなと思った。「幸せな人生」というのは俯瞰的なものだ。生きているうちに自分の人生がこの先不幸になるのか、幸せになるのかなんて俯瞰的に見ることはできない。だからそのとき「まだこのまま生きたい」と思う意思こそが幸せで、生きるということなんじゃないかな…。

 

とにかく殺陣かっこよい!日替わりすごい!でした(笑)この日の日替わりは堀田さんと小林さん。小林さんのインパクト強すぎて……笑(初手で「所属してるグループがあと○日で解散するんですけど〜」は強すぎるて!)途中ではお二人のライブもあり(?)舞台を見にきたということを忘れそうでした(笑)小林さんがメタ発言から始まったせいで最初の堀田さんと緑川さんの会話がマジっぽくなってしまってたけど、キャバに営業かけられたのは本当なんですか堀田さん!!(笑)堀田さんと緑川さんのやりとり面白かったな。緑川さん、カントク役めちゃくちゃ似合ってた!

直江くん(高田さん)とプロデューサー(山沖さん)の殺陣がすんごくかっこよかったな。銃声の音デカめだった…?迫力がすごかったです。

 

2017年に「ある苅屋くんの人生」と言うタイトルで上演されていたときのをDVDでみてすごく好きだったのでチケット取ったのですが……なんか全然雰囲気も脚本も変わっちゃってましたね💦個人的には、ある苅屋くんの良さは「この物語は嘘なのか、本当に管理された運命はなくったのか」が曖昧にされている薄暗さだと思っていたので、改ざんを修正され、"正しく"祝福されるところまで描かれた本作は本当に真逆になりましたね。とくに苅屋くんがプロデューサーに目を付けられている理由が苅屋くん側にあるとすると、最後の靖子の台詞が唐突だなあと思ってしまいました(ある苅屋くん〜では靖子が運命を切り開く強い女性という位置付けだったので)。プロデューサーの動機まで変わってしまうとは。。選民思想こじらせと自由意志について考えさせられるとこも好きだったんだけどな。う〜んでもキラキラOPとEDがあって殺陣かっこよくて日替わり充実しててみんなで協力して悪をやっつけたぞハッピーエンドって成立はしてるもんな〜…。誤解しないでほしいのですが、すごく面白かったです。大好きだった作品が全然違くなってしまってちょっと観ながら大混乱でした(笑)